ニュース一覧

集団予防接種を受けた方

お金

判定を受けてみる

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した人には、国から給付金が出ることをご存じでしょうか。昔の予防接種は注射器の使い回しをしていたため、B型肝炎ウイルスに感染する恐れがありました。その責任を国が認めて、被害を受けた人に給付金を支給することにしたわけです。具体的には昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を受け、そのせいでB型肝炎ウイルスに感染した人が該当します。B型肝炎で死亡したり重度の肝硬変などを発症している方には、最高で3600万円の給付金が出ます。すでに完治している方や、まったく症状がない方にも、最低50万円の給付金が出ます。本人が死亡している場合には、相続人が給付金を請求することもできます。この制度が適用される人は、全国に45万人もいると言われています。しかし給付金をもらうには、国に対して訴訟を起こす必要があります。現時点で訴訟を起こした人は、まだ1万5千人程度しかいません。訴訟手続きが面倒だということもありますが、そもそも給付金の対象になることを知らない人が多いと考えられます。もちろん予防接種以外の原因でB型肝炎になった場合には、給付金は支給されません。自分が対象になるかどうかは、今では法律事務所などのサイトを見れば、ある程度簡単に判定できるようになっています。判定するだけなら費用はいらないので、とりあえず疑いがある方は試してみましょう。訴訟を起こすかどうかは、弁護士と相談して決めればよいでしょう。

Copyright© 2017 移転価格税制の対策はプロに頼もう|メリットを解説 All Rights Reserved.