ニュース一覧

トラブルを回避する

ファミリー

早い段階で考えておく

東京の大田区では、行政書士事務所が数多く点在しています。それらの大田区の行政書士が力を入れている問題の一つに相続があります。富裕層が多い大田区では、相続に関するトラブルが多いといいます。相続の問題は、被相続人が亡くなってからと考えられがちですが、もっと早い段階で対処することが重要です。遺言も何もない状態で資産家が亡くなれば、遺族の間で揉め事が起こるのは必須です。大田区で増えているのは、当にそのようなケースなのです。被相続人となり得る者は、生前の意思が明確に伝えられる時期に遺産分割などを取り決めておく必要があります。遺言として残しておくことも大切ですが、早い段階で遺産分配の話し合いを行う方が、更なるトラブルを回避できます。相続を受ける側が納得するよう話し合いをすることで、醜い遺産争いも起こらずに済みます。自分が信頼していた家族や親戚縁者が相争う姿は、想像すらしたくないでしょう。行政書士事務所に相談すれば、遺産分割についてしっかりと文書に残してくれます。この法的に有効となる文書が存在することで、余計な争いは避けられるのです。更に、遺産相続に付随する手続きについても代行してくれます。不動産の名義変更やクレジットカードの停止など、面倒な手続きをきめ細かく処理してくれるので、非常に頼りになる存在です。行政書士事務所は、誰でも気軽に訪れることができます。気がかりなことがあれば、一刻も早く相談を持ち掛けることです。

Copyright© 2017 移転価格税制の対策はプロに頼もう|メリットを解説 All Rights Reserved.