ニュース一覧

虚偽を伝えるのはNG

困る人

知る機会があったかが肝

ある日突然慰謝料請求された場合、どうしたらよいかすぐに思いつく人はあまり多くはないでしょう。多くの人は思考が停止した後、その理由について考え始めるのではないでしょうか。慰謝料請求された場合に考えられるのは、浮気や不倫の相手であったというケースです。その場合、配偶者から慰謝料請求されたり訴訟の相手方として訴えられたりすることが考えられます。慰謝料請求されたとき、気をつけるべきはそのまま要求を飲まないということです。仮に身に覚えがあり、既婚者であることを知っていながら応じてしまったとしても、請求額そのままを支払う必要性は必ずしもありません。慰謝料はたいてい高額なので、簡単に支払えるという人もあまりいないでしょう。もし身に覚えがなかったり、交際相手が既婚者であることを知らなかったりした場合は詐欺や支払う必要のない慰謝料であることもありえます。いずれにせよ、慰謝料請求されたら弁護士など法律の専門家に相談するのがおすすめです。相応の相談料もかかりますが、トラブル回避のための強力なスケットとなってくれます。どのようなパターンであっても、依頼した専門家に説明するときは本当のことを伝えましょう。慰謝料を減額したり、支払いたくなかったりするあまり「相手が既婚者だと知らなかった」と言う人が多いのですが、知る機会があったのに知らなかったのでは同じことです。後々齟齬が出てくると専門家からの信用も失い良い弁護や協力をしてもらえなくなりますし、そのツケは自分に回ってきます。虚偽は言わず、本当のことを言うようにしましょう。

Copyright© 2017 移転価格税制の対策はプロに頼もう|メリットを解説 All Rights Reserved.