ファミリー

トラブルを回避する

大田区の行政書士事務所では、相続の問題に力を入れています。富裕層の多い大田区では、相続に関するトラブルが増えています。被相続人となり得る人は、早い段階で遺産分割について取り決めをしておくことが賢明と言えます。

詳しく見る

お金

集団予防接種を受けた方

集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した人には、国から最高3600万円の給付金が支給されます。自分がこの制度の対象になることを知らない人も多いので、法律事務所で判定を受けてみることをお勧めします。

詳しく見る

ニュース一覧

払った利息が取り返せる

女の人

過払い金請求手続きを個人ではなく、名古屋の法律事務所の弁護士に依頼するメリットは、時間と手間が省けることです。また、プライバシーも守れます。個人であると満額返還できなかったり、交渉に時間がかかることもあるのです。

詳しく見る

虚偽を伝えるのはNG

困る人

慰謝料請求された場合は、身に覚えがあろうとなかろうと弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。慰謝料を減額したり、支払わなくてすんだりすることが多いためです。そのときはきちんと本当のことを伝えるようにしましょう。

詳しく見る

取引価格で気をつける事

男性

2008年の米国企業と日本国監督省庁との間で起きた訴訟は、「移転価格税制の執行」が如何に困難なものであるかを如実に表したものである。海外と日本の間で「取引価格」に関する範疇の差異が、この様な裁判を発生させるのである。

詳しく見る

仕組を知っておく

婦人

専門会社に依頼する利点

海外に支社がある製造業などでは、移転価格税制が大きな問題となります。移転価格税制とは、本社と支社の間で商品をやりとりするときに関連した税制です。日本と海外では税率や税制が異なります。本社から支社へ販売するときの価格を調整すると、グループ全体の利益を最大化しながら税率を最小限に抑えることも可能になります。ですが、その際の価格が、第三者への取引時の価格と異なっている場合は、不公平を解消するために追加で税が加重されます。しかも不足分を補うだけの課税ではなく、二重課税となることが一般的なため、非常に重い税負担をしいられることになりかねません。このような事態を避けるためには、移転価格税制の仕組について詳しい専門家にコンサルティングを依頼するのがおすすめです。税の問題となるので、税理士が最適な専門家となります。税理士事務所の中には移転価格税制を専門としている事務所や、移転価格税制部門がある法人も存在します。専門家に依頼することで、二重課税となる前に利益を最大化する価格設定を行うことができます。支社を作るときに最適な国選びからサポートしてもらうこともでき、海外進出の際に大きな助けになります。語学に堪能なスタッフが多いので、海外とのやり取りをサポートしてもらうことも可能です。移転価格税制を扱う事務所は海外とのやり取りがある分顧問料も高めである傾向にありますが、その分大きなメリットがあります。海外進出を考えているのならば利用するメリットは大いにあるといえるでしょう。

Copyright© 2017 移転価格税制の対策はプロに頼もう|メリットを解説 All Rights Reserved.